FC2ブログ

2月もよろしくお願いします

【20190201 雪まつり期間中もお気軽に】

早いもので2019年も1ヶ月が過ぎました。
そして、いよいよ雪まつり!

大通公園もにわかに慌ただしい雰囲気。
大通会場は月曜日からです。

毎年の事ですが、
雪まつり期間中だからといって
近くにある当店が
混みあっている、という事は一切ありません(笑)


どうぞ遠慮せず、
むしろ、大通に出たから寄ってみよう!と
頭の片隅で思って頂けると幸せです。


今日もアブラッチオは
大通公園の南側
大通7丁目と8丁目の間の
大通公園と電車通りの真ん中で
のんびり営業しています。

週末もお席充分にご用意できますので
どうぞお気軽にお立ちより下さい。


そして、お世話になっている
厚岸のあさり漁師、遠田さんから
またしても美味しい牡蠣が届きました!!

甘みと旨味とミネラルのバランスが
絶妙!!

これぞ牡蠣漁師さんの技ですね。

アブラッチオでは
白ワイン蒸しでご用意しています。



いつもあるメニューではありませんので
この機会にぜひ味わってください。


それでは週末も
皆様のお越しを
心よりお待ちしております。

しばらく寒いですし、滑りますので
どうぞお気をつけてお越し下さいませ。


えびちゃん

【20190225 アブラッチオのエビちゃん】

それにしてもよく降りますね、雪。

ここのところ
毎週金曜日に
朝、雪まみれで出勤しているな、と
気づいてしまった今日の朝。

果たして
来週の金曜日は
気持ちよく出勤できるのでしょうか?

さて、
今日もアブラッチオは
降り続く雪の中、
大通公園の南側
大通7丁目と8丁目の間の
大通公園と電車通りの真ん中で
のんびり営業しています。

週末もお席ご用意できますので
どうぞお気軽にお立ちより下さい。


昨日、美味しそうなボタンエビが
入荷しました。

お刺身用のエビなので、
頭まで美味しく味わえます。

パスタで使われるエビは
輸入の冷凍エビの場合が多いですが
当店のエビは北海道産。

そのエビを贅沢にも
お頭付きで使っておりますので
旨味の出方が違います。

ボタン海老とタコのラグーのパスタ



パスタに絡む魚介の旨味を
是非存分に味わってみて下さい。

そして
魚介のリゾットにもボタンエビが
使われています。



こちらも魚介の旨味を吸ったお米が
一粒一粒味わい深い。

自然の旨味は
ずっと食べていたい!
フォークが止まりません。

お試し下さい。

なお、ボタンエビの入荷がない日は
エビを使った料理はお休みとなります。
ご了承下さい。


それでは今日も
皆様のお越しを
心よりお待ちしております。




ちなみに
サロマ産牡蠣と厚岸産あさりのリゾットも
リピーター続出の人気メニューです。
「甲殻類より貝類派」の方は
こちらもどうぞ。

アブラッチオの宴席プラン

【20190124 宴会プランも随時ご用意しています】

朝の出勤中
市内の大きな国道でもホワイトアウト。
怖いですね。

引き続きお天気の急変にはご注意下さい。

今日もアブラッチオは
雪まつりの準備が着々と進む
大通公園の南側
大通7丁目と8丁目の間の
大通公園と電車通りの真ん中で
のんびり営業しています。

こんなお天気ですので
お出かけは避けて頂きたいですが、
万が一お近くにお越しの際には
お立ち寄り頂けると幸いです。


余り知られていない事が判明しましたので、
ここで改めてお知らせします!


アブラッチオ、
宴会・パーティプラン、
常時ご用意しております♪


【abbraccioのご宴会・パーティプラン】
(2日前まで要予約)

4名様~の少人数からのお集りや
20名前後のお店まるまる貸切宴会など
様々なシチュエーションでご利用下さい。
ご予算・貸切人数など応相談。

職場の忘新年会、歓送迎会の他、
これまで大きな白い布とプロジェクターを
持ち込んで写真を映しながらの同窓会や、
マイクとアンプ、楽器を持ち込んで
「身内だけの演奏会」「音楽会」
また、小さな身内だけの結婚式などで
ご利用頂いております。

親しいお友達、お仲間たちとのお集りに
美味しく楽しいひと時をどうぞ。


【ご予算の目安】
おひとり様 4500円~

★お飲み物★(飲み放題2時間)
クラシック2杯(グループ人数×2)
ハウスワイン赤・白
ワインカクテル、ソフトドリンク飲み放題

※クラシック飲み放題希望の場合は
お料理ご予算+500円となります。

★お料理★
前菜・お魚料理・自家製フォカッチャ・
自家製生パスタ・お肉料理
(おひとり様一皿ずつのご用意も可能です)

※いつもご利用頂いている方からの
「このメニューが食べたい」という要望も
大歓迎です。ご相談下さい。

※4名様~最大20名前後
※貸切人数等・応相談

お問い合わせ
小さなイタリア料理店abbraccio
℡ 011-596-7290




先日は同窓会でご利用頂きました。

最初のお皿である前菜
盛り付け途中の様子。




家族や仕事の事を忘れ、
当時に戻る昔ながらの仲間たちって
本当に気を遣わずに楽しく過ごせますよね。
大人数だと貸切になりますので、
自由に席を行ったり来たり。
一人一言ずつ話す企画もいいですね。

この時期であれば
歓送迎会の機会も増えるのでしょうか。
会議の後の懇親会などでもご利用下さい。

それでは今日も
皆様のお越しを
心よりお待ちしております。





厚岸からの美味しい便り

【20190118 厚岸の海の幸】

変わりやすいお天気。

歩いていても急に吹雪いて
ぶわっと息苦しくなる瞬間も。

厳しい真冬日は
週末にかけても続きそうです。
温かくしてお過ごし下さい。

今日もアブラッチオは
大通公園の南側
大通7丁目と8丁目の間の
大通公園と電車通りの真ん中で
のんびり営業しています。


昨夜、
厚岸からいつも美味しいあさりを届けてくれる
あさり漁師、遠田さんが
お店に遊びに来て下さいました!!

店内の黒板に掲示している
「あさり漁師・遠田さん」の文字に喜び
はい、チーズ。



ちょうどのんびり営業でしたので、
ゆっくり色々なお話を伺う事ができました。


今回伺ったのは
遠田さんの周りにいらっしゃる
「カキ漁師」の皆様の大変さ。

厚岸湖は湖の水と海の水がまじりあう
「汽水」

その塩分の薄い湖側の場所と
塩分の濃い海側の場所を
カキ漁師さんは交互に移動させて
ご自身のカキの味に仕上げているんですって。

漁師さん毎に牡蠣の味が違う
と言われるのはそういう事だったんですね。

あさりも牡蠣も
作り手である漁師さんの手間暇がかかって
美味しく仕上がるもの。


それをいつも一口で食べてしまうのは
本当に心苦しいのですが
「そうやって美味しい、と思ってもらえれば
それで嬉しいんだよ」と遠田さん。

感謝しかありません。


厚岸の美味しいものを知り尽くした
遠田さんが厚岸の牡蠣を
持ってきてくださいました。


是非、皆さんにも味わっていただきたい。
という事で、この週末
数に限りはありますが、
厚岸湖の牡蠣を白ワイン蒸しで
お出し致します。


この牡蠣、本当に本当に美味しいです。
身の旨味と海の風味がぎゅっと詰まった
厚岸の牡蠣をどうぞ。

また
「大きめのあさり持ってきたよ」と
遠田さん。
いつもより少し立派なあさりも
今回ご用意できます。

嬉しいです♪




それではこの週末も
皆様のお越しを
心よりお待ちしております。


遠田さんはいつもお店のFBを
みて下さっている、という事ですので
この場をお借りして、


遠田さん、ありがとうございました!!
引き続きよろしくお願い致します。



脇役のひよこ豆がもはや主役

【20190117 ドラマチック人生とひよこ豆】

寒いですね。
雪降りますね。

そして
空気も乾燥してますね。

こまめに水分摂取と手洗いをして
家に帰ったらうがい。

本当に基本的な事ですが、
風邪とインフルエンザの猛威に怯えつつ
今シーズンもしっかり乗り切りたいと
思っています。

皆様もご自愛してお過ごし下さいませ。


今日もアブラッチオは
大通公園の南側
大通7丁目と8丁目の間の
大通公園と電車通りの真ん中で
のんびり営業しています。


先日、時間を見つけて
映画を観てきました。

行きつけの「シアターキノ」にて
「私は、マリア・カラス」



時代を駆け抜けた
天才歌姫「マリア・カラス」の
当時のインタビュー映像やステージ映像、
そして書簡などを交えたドキュメンタリー。

個人的に映画の余韻が長いです。

彼女の激動の人生もそうですが、
その歌声と表現力たるや。
映画館なのに何度も拍手しそうになりました。

晩年には札幌の厚生年金会館でも
歌った事がある、とか。
同じ空間で歌を聞いたことのある方、
心からうらやましい。

享年53。
今思うととても早い死ですが
でも彼女は充分に生き切ったのだと思いました。

まだ上映しておりますので
ご興味のある方はぜひ。

お正月に見た
「ボヘミアン・ラプソディ」に
今回の「マリア・カラス」と
歌ものが続いておりますが、
映画になるまでの方というのは
やはり描かれる人生自体が胸を打ちます。

お店とは全く関係のないお話で
失礼しました。

さて、今オススメのメニュー。

イワシのオーブン焼き
ひよこ豆を添えて




イワシのふっくらとして
脂の乗った魚体の美味しさは勿論
十勝産ひよこ豆が
抜群に美味しい!

ぜひお試し下さい。


この週末もお席たっぷりご用意できますので
どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。

この寒さと雪ですから
静かな日が続きそうですが
のんびりお待ちしております。




プロフィール

abbraccio

Author:abbraccio
札幌市中央区南1条西7丁目
スカイビル1F
イタリア料理店
「abbraccio(アブラッチオ)」

電話/FAX:011-596-7210

営業時間
11:30~15:00(Lunch time)
18:00~23:00(Dinner time)
(22:00 L.O)

月曜定休

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お店の場所
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
FC2カウンター
検索フォーム
Facebookページ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitterやってます