FC2ブログ

絵画と音楽

【20190307 異色コラボに癒されて】

最近、暖かい日が続いていたため、
今日の朝はちょっと「寒ッ!」と
身体が縮こまりました。

空気が澄みわたっていて
気持ちの良い青空。

1週間前のPM2.5は何だったんでしょう。
あの日限りにしてもらいたいな、と願いつつ
今日もアブラッチオへ
大通公園の南側
大通7丁目と8丁目の間の
大通公園と電車通りの真ん中で
のんびり営業しています。

昨日はシェフにお休みを頂き
音楽を聴きに行きました。

今日から
札幌市民交流プラザ
「SCARTS」で開催されている
第17回「サッポロ未来展」

北海道ゆかりの10代から40代の芸術家による
美術展なのですが、
その美術展の前夜祭として
スペシャルライブが行われました。



メンバーは
アブラッチオでもライブを行ってくれた
ピアニスト齊藤桃子さんと
ギタリストのご主人、古舘憲治さんによる
ユニット「bluffer」

そしてもともとは未来展に絵画を出店していた
という異色の経歴を持つ細竿三味線の奏者
こうの紫さん。

ロンドンで行われた国際尺八コンクール2018にて
優勝した経歴を持つ世界一の尺八奏者
黒田鈴尊さん。

ポップスと伝統的な邦楽との
とっても珍しいコラボレーションライブでした。

前日に初めて音合わせをした、
という4人でしたが、
そうとは思えないハーモニー。
その世界観にどっぷりと浸らせて頂きました。

尺八の黒田さん曰く、
これは音楽だから出来る事、との事。

ジャンルの壁を軽々と超えた
貴重で素敵なひと時。
特に世界一の尺八の音色。
身体に響きました。



馴染みのない世界を垣間見るのって
とっても楽しいですよね♪


ライブは終わってしまいましたが、
北海道の若手アーティストによる
絵画を展示している
「サッポロ未来展」は
3月12日まで開催されていますので
是非ご覧になってみて下さい。

忙しい日々の中ですが、
ゆっくりと生の音を楽しみたい、と
最近強く願っていたので、
心もリフレッシュしましたし
パワーも頂きました。


異色コラボといえば、
ピッツァとりんご(無理やり:笑)



ブラムリーのピッツァも
そろそろ最終局面です。

まだ今シーズン食べてない~!!という方は
是非お待ちしております。


それでは今日も
皆様のお越しを
心よりお待ちしております。

3月はのんびり営業が続いております。
どうぞお気軽にお立ち寄り下さい♪

スポンサーサイト



寒波と猫

【20190208 歴史的寒波?!】

朝、仕事に行くと
人生の諸先輩がたが
「昔、こういう鼻がくっつくような寒さ
あったよね~」なんて言ってました。

確かに。

私は自宅から徒歩30分のところにある
中学校に通っていて、
途中、寒風吹きすさぶ橋を
渡らなければなりませんでした。

それはそれは寒く、
当時、流行っていた朝シャン。

ちゃんと髪の毛を乾かさずに
学校に来ていた友達の髪が
白く凍っていたのを覚えています。

若い時ってどうしてあんなに
寒さに強かったのでしょうね?(笑)


今日もアブラッチオは
雪まつりでにぎわう大通公園の南側
大通7丁目と8丁目の間の
大通公園と電車通りの真ん中で
のんびり営業しています。


昨日、猫を楽しみに
当店blogを見ている、という遠方の方が
ご来店下さいました。

ありがとうございます!
嬉し恥ずかし(笑)

自宅のストーブが壊れまして、
今、予備のストーブでしのいでいます。

早朝6時からストーブをつけ、
出勤前に少し部屋を暖めたのち、
ゆたんぽを布団に仕込んできました。

「寒い時はここにいるんだよ」と
消えたストーブの前で
名残惜しそうにしていた猫に
言い聞かせましたが、さて(笑)




明日新しいストーブが来るので
この風景も見納め。
冬の風物詩でしたので、
ちょっと寂しいです。


この週末は少しずつ予約が入っています。
ご来店の際には事前にお電話にて
お問い合わせ頂けると幸いです。

宜しくお願い致します。


小さなイタリア料理店abbraccio
011-596-7210


それではこの週末も
皆様のお越しを心よりお待ちしております。


【2月の営業について】
2月12日(火)・28日(木)
ディナータイムは貸し切り営業です。
ご了承下さいませ。



長く続けるということ。

道東では大雪に見舞われるなど
道内各地、大荒れのお天気の予報が
続いていますが、
そんな中でも大通公園では
雪まつりの準備が着々と進んでいます。

昨夜はご予約もなく
お天気も悪い予報だったので
「これは空席で満席状態が続くかも!!」と
戦々恐々としていましたが、
入れ替わり立ち替わり
足もとの悪い中、お客様にお運び頂きました。

本当にありがとうございます。

私の尊敬する心の師匠も来て下さいました。

65年間も札幌の中心部で営業を続けている
10代の時にアルバイトをしていた
喫茶店のマスターです。

70代も半ばなのにまだまだ現役!!
このお正月は12時間も飛行機に乗って
ドイツまで旅行し、お城めぐりをしてきた、との事。

一つの事を頑張って続けるには
一生懸命働くのも大切だけど
たまの息抜きも大切だよ、という事を
身を持って教えて下さっているような気がします。

師匠のお店のように、愛されるお店で居続けられるよう、
これからも頑張らねば。と
頂いたドイツのお城の絵葉書を見ながら
襟を正す気持ちになりました。



そして、
マスターが長く商売を続けて下さっているお蔭で
立場が変わってもまたいろいろな話が出来る事を
幸せに感じています。

「丸井今井札幌」の
大通店の隣のビル
「陶管ビル」の地下1階にある
「喫茶ロア」というお店です。

街中の隠れ家。
私がアルバイトをしていた20年前から
お店の雰囲気やコーヒーの美味しさまで
何も変わらず提供し続けている
素晴らしいお店です。

ご興味のある方はぜひ。


またしても前置きが長くなりましたが
今日もアブラッチオは
大通公園の南側
大通7丁目と8丁目の間の
大通公園と電車通りの真ん中で
のんびり営業しています。

真ダチ入荷しています。




そして、真冬の風物詩がやってきました。

「八角」のカルパッチョもご用意できます。

お試しください。

今週末はお席ご用意できますので
どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。

それでは今日も
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

大人の社会科見学⁈

ようやく雪が降りました~!
という感じですね。

ちょっとだけ歓迎されている雪も
珍しいかもしれません。

そんな中、お昼に起きた
大きめの地震。

幸いにも大きな被害は
まぬがれましたが
「この真冬に
もし大地震に見舞われたら」と
家の中の備蓄品や避難用具
もしもの時の連絡先や避難先など
家族で話し合い、
見直さなければ、と思った次第です。

この先必要としなくても
準備しておくに越したことはないですね。

ちょっと安堵感の戻ってきた
雪の夜、
アブラッチオは今日も
大通公園と電車通りの真ん中で
のんびり営業しています。

明日、15日は少し混雑しております。
ご来店の前にお電話にてお問い合わせ頂けると
幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。

大好評!!
余市産のりんご「ブラムリー」を使った
新作デザート、焼きあがりました。



あと2~3日すると
より美味しくなるかと。
お楽しみに!!


そして、しばらくお休みしていた
「自家製ロースハム」も復活しています。




作る回を重ねるたびに
美味しくなっているような気がする
アブラッチオ特製ロースハム。

全体的な塩気と、
口の中に溶ける脂の旨みと甘み。
完全無添加の手作りロースハム。
是非「自家製マヨネーズのポテトサラダ」
を共にお楽しみください。


それでは今日も
皆様のお越しを
心よりお待ちしております。


《追伸》

定休日である成人の日に
栗山町の「小林酒造」に遊びに行ってきました。



ふふふ。
「北の錦記念館」では
試飲もできちゃうのですよ。






そして、
明治時代に建てられ、つい数年前まで
小林家の住居として現役活躍していた
「小林家」も見学。




月曜日はとても冷え込んだ日だったので
火の気のない小林家の室内も冷え込み
温度計は-2度!!

そんな中での見学は
逆に思い出に残るものになりました。

長い廊下から眺める庭には
形が様々な灯篭に、
龍神様をお祭りする祠。

昔遊びに行った
田舎にある父の実家に似ていて
「古い建物は出来る限り遺しておくべきだな」
としみじみ思いました。

(父の実家は駅前再開発のために
取り壊されてしまっています。)





新しい技術や新しい建物、
いろいろと出てくる世の中ですが
変わらずに守ることもとても大切。
便利なだけが良い訳ではありません。

守り続ける思想は
機械化せずに
丁寧に酒作りをしている
「小林酒造」の酒造りにも
繋がっています。

「他がやっているから」に
惑わされてはいけないですね。

この建物を守る為に
「守り人」としてご案内して下さる
小林家の女性の皆様、ありがとうございます。

置けないお猪口「可杯(べくはい)」



注ぐと鶯が鳴く「うぐいす徳利」




お酒を楽しく飲むための遊び心、
素敵ですね♪



小林酒造の敷地内にある「小林家」は
その時期ごとに見学コースが違います。
私が今回見学させて頂いたのは
「商家の暮らしコース」。


春からは「商売を営んでいた場所」を
見学できる、との事。
興味のある方はぜひどうぞ。

小林家
℡ 0123-76-7228
(見学は要予約:
文化財保存協力料1000円)

10時~17時

(※見学開始時間は決まっています)
(11月~3月 16時まで)
水曜定休

喫茶コーナーは無料で利用でき
こちらのお手洗いがとっても居心地良く(笑)
炬燵に入りながら
小林酒造で大人気の
酒かすを使った甘酒も楽しめます。




冬の間は入口に「龍神様」が
お引越しされていて、
こちらで願い事が出来ます。
(願いの紙は1枚100円)

もちろん、お店の商売繁盛と
家族の健康をお願いして参りました。

叶いますように。






ニット帽と肉とわたし。

寒い日が続きますね。

私は最近「ニット帽」というアイテムを
手に入れました。

昔から
「私には帽子は似合わない」
という先入観が根強くあり、
30代になってからは
夏の間、必要性を感じるようになって
日焼けを防ぐための帽子は
(お年頃だし半ばしぶしぶ)
かぶっていましたが
冬の「ニット帽」は
雪かきやスキーの時以外
思春期から使っていませんでした。

が!!

そんな今までの自分に
「なにやってたのっ!馬鹿ッ!!」と
言いたいぐらい、

「ニット帽」最強!!!

です。


寒い日が続きますが、
ニット帽をかぶっていれば
全く平気なんです。

地下鉄の出口で
寒風を真正面から受け止めても
氷点下5度の冷え込む夜
凍りつく橋の上を歩いても、
バス待ちの間、雪が降ってきても
へっちゃら♪でした。

もう手放せません。

ある意味、歳と共に
「見た目を気にせず
防寒第一になった」と言えなくもないですが、
これからの人生は冬の間、
ニット帽と共に歩んで行こうと
心に決めました。

ニット帽、ありがとう。
そしてこれからもよろしくね。

くだらない前置きが長くなりましたが、
寒さに弱い方、
御存知かとは思いますが、
是非、冬の帽子、お試し下さい。


アブラッチオは今日も
大通公園の南側
大通7丁目と8丁目の間の
大通公園と電車通りの真ん中で
のんびり営業しています。

5日から営業開始していますが
市場が動き出して間もないため、
「鮮魚類」が不足しています。

どうぞご理解いただけると幸いです。


その代り、お肉類はご用意できます!!

上川産牛フィレ肉のステーキ
赤ワインソース




好評です。

また、
美唄産北海地鶏のモモ肉のグリル




筋肉質で噛みごたえ抜群。
口の中で旨みが広がる
「北海地鶏」の美味しさを
どうぞご堪能下さい。


今週末にかけて
お席十分にご用意できます。

どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。


それでは今日も
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

どうぞお足もとお気を付けて。



プロフィール

abbraccio

Author:abbraccio
札幌市中央区南1条西7丁目
スカイビル1F
イタリア料理店
「abbraccio(アブラッチオ)」

電話/FAX:011-596-7210

営業時間
11:30~15:00(Lunch time)
18:00~23:00(Dinner time)
(22:00 L.O)

月曜定休

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お店の場所
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
Facebookページ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitterやってます