FC2ブログ

じっくり育った甘みと旨み

【20180329 じっくり育った美味しさです】

札幌の積雪が
正午でゼロになりました。

春到来!!

が、ここに来て体調を崩してしまう人が
私の周りで続出しております。

季節の変わり目、
どうぞご自愛くださいませ。

また、ハンノキ花粉も飛び始めている、
とのこと。

ちょっとムズムズしつつも
アブラッチオは今日も
大通公園の南側
大通7丁目と8丁目の間の
大通公園と電車通りの真ん中で
のんびり営業しています。



ゆり根のお料理、人気です。

幕別町の忠類ゆり根。

一片がこんなに大きい。




ゆり根というのは
植えてから収穫するまで
最低3年は収穫できません。

また、毎年掘り起こしては
別の場所に植え替える、
という大変手間のかかる農産物。


こんなに大きいのですから、
その手間のかかりかたは
さぞかし、さぞかし…。



手間暇かけてゆっくり育ち
栄養を蓄えた「ゆり根」を
その甘みを生かした「スープ」と
ちょっとアクセントにした
「ピッツァ」とでご用意しています。





ゆり根のスープ

白、というよりほんのり翡翠色。





ゆり根と自家製ベーコンのピッツァ

発色剤など使わずに作っている
自家製ベーコンですので、
色は少しくすんでいますが、
味はとっても美味しいのです♪


ぜひお試しくださいませ。


それでは今日も
皆様のお越しを
心よりお待ちしております。

何かと気ぜわしい年度末。
4月に向けて、美味しいもので
ホッと一息、入れてください。





スポンサーサイト

ゆりね

【20180125 冬の甘み】

1月25日という日は
1902年に旭川でマイナス41℃、という
日本における最低気温を記録した日なのですが、
やはり寒さの特異日なのでしょうね。


昨夜の帰り道は、
寒い、というより痛い感じでした。
服の上からでも太ももがチクチク。


ちょっとでも春を感じていた脳みそに
ガツンと冬の鉄拳下りました(^^;


しばらく寒い日が続くとのこと。
どうぞご自愛してお過ごしくださいませ。



アブラッチオは今日も
大通公園の南側
大通7丁目と8丁目の間の
大通公園と電車通りの真ん中で
のんびり営業しています。

寒い夜はおなかの中から
ポカポカして下さい。

「厚岸直送!あさりの白ワイン蒸し」は
すぐにお出し出来ます。




免疫機能を高めてくれる
「亜鉛」も豊富ですので、
打倒インフルエンザ!にもどうぞ♪




また、今の時期オススメのお野菜が
「幕別町産ゆり根」

ゆり根といえば真狩のイメージが
強かったのですが、
幕別町でも栽培されています。

鱗片が大きくて、甘みが強くて
ホクホクおいしい♪




アブラッチオではサラダの他、
ピクルスや付け合わせ、
野菜を使ったリゾットなどのメニューに
ちらほら取り入れています。


旬の甘みをぜひ味わってみて下さい。

地味な存在ですが、
食べてみると大きな存在感を
感じられるハズ。

お試し下さい。


明日金曜日はたくさんお席ご用意できます。
どうぞお気軽にお立ちよりください。

それでは今日も
店内を温めて
皆様のお越しを
心よりお待ちしております。



今年もあさりがおススメです。

【20180119 今年もあさりのこと。】


昨夜、お世話になっている
厚岸のあさり漁師、遠田さんが
ご夫婦で遊びに来て下さいました。

のんびり営業でしたので
色々お話をお伺いできたのですが、
つくづく、遠田さんの有り難さを
感じてしまいました。

それは農業でも酪農でも漁業でも
どの産業でも共通することだと思うのですが、
できるだけ美味しいものを、と
独自の工夫と手間をかけ、
市場に送り出している、という愛情。


他のどのあさりよりも
味の良いあさりを、と
あさりの畑の土壌づくりにも
ひと手間、ふた手間もかけてます。

恥ずかしながら知りませんでした。

だからお客様から
「こんなあさりは食べたことない!」と
驚きの声を頂くのだと
感謝の気持ちでいっぱいになりました。


また、自然の湖の中で生きている
あさりさんを守るのも
漁師さんのお仕事。


今の時期のあさりの天敵は
渡り鳥のみなさん。

彼らも生きるために湖の中にある藻などを
食べているのですが、
その下にあるあさりがくちばしで
砂の上に掘り出されてしまいます。

あさりの畑を荒らし放題^^;

すると低すぎる水温であさりが死んでしまい、
春になると、あさりの死屍累々が
水面に上がってくるんですって。
あぁ。
切ない。


また、常にあさりを狙ってくるのは
釧路では居酒屋さんでも食べられている
青ツブ。
あのかた、一人であさり60個ぐらい
食べちゃうんですって。
通りでツブも美味しい訳ですね。

この青ツブも遠田さんは
丁寧に駆除して下さっています。



今、私たちが頂いているあさりは
様々な苦難を乗り越えて
生き抜いてきた「選抜メンバー」

中には大きいものだと
7年モノのあさりもあります。


そうです。
2011年の震災の時から
じんわりじんわりと生き抜いてきた
貴重なあさりさん。

そんなあさりを
パクっと一口で食べてしまうなんて
それを知るとなんとも心苦しいのですが、
そこまで大切に育ててくれた遠田さんと
育ててくれた自然に心から感謝しつつ、
ありがたく頂きたいと思います。





遠田さん、ありがとうございました。

遠田さんのあさりなしでは
アブラッチオの味はありません。
これからもよろしくお願い致します。


そして皆さんには
この遠田さんの愛情こもった
他とはひと味違う旨味たっぷりなあさりを
是非味わって頂ければと思います。




閑話休題。

今日もアブラッチオは
大通公園の南側
大通7丁目と8丁目の間の
大通公園と電車通りの真ん中で
のんびりと営業しています。

週末はお席ご用意できます。
どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。


週末のオススメ黒板。




青森産白魚と
自家製数の子のコンフィのパスタ。





白魚だけではなく
生数の子から作った
自家製数の子のコンフィも入れて
独特の食感も味わって頂けます。


魚卵の苦手なあさり漁師の遠田さんも
「これは食べられる!美味しい!!」と
喜んで下さいました(笑)


よろしければ。


それでは週末も
皆様のお越しを
心よりお待ちしております。




厚岸あさり通信

【20171215 厚岸の漁師さんからのお便り】

歩道はツルツルですが
雪が降ることもなく、おだやかな金曜日。

日曜日はちょっと荒れる、とのこと。
おでかけするなら今日が狙い目かも?!

今日もアブラッチオは
大通公園の南側
大通7丁目と8丁目の間の
大通公園と電車通りの真ん中で
のんびり営業しています。

年賀状の受付も始まり、
正月準備に一切手をつけてない私は
心中穏やかではありませんが、
「まずは仕事優先!」と
言い聞かせております(笑)


さ、

いきなりですが、ここで


【☆あさり漁師・遠田さんの厚岸通信☆
12/15号】


アブラッチオの中で一番人気の食材が
「厚岸のあさり」


そんな厚岸のあさりを
もっと身近に感じてもらいたい、と
お世話になっている漁師・遠田さんに
「時折、あさり漁のこと、
教えて頂けますか?」とお願いしたところ
「厚岸の宣伝になるなら!」と快諾して下さいました。
ありがとうございます。


ということで、不定期ですが、
厚岸湖のあさり漁の諸々を
「遠田さんの厚岸通信」として
お送りしていきたいと思ってます。

文責は
北海道フードマイスターの資格を
活かしきれてない
アブラッチオ香織です。


以後よろしくお願いします。





さて、

4日ぶりにあさりを取りに厚岸湖に出かけた
遠田さん。

そこに待ち構えていたのは…




アザラシですって!!


アザラシさん、いるんですね。





調べてみると厚岸湖の大黒島には
野生のゼニガタアザラシが生息していて
「アザラシウォッチングツアー」が
厚岸の観光資源の一つにもなっています。


厚岸湖周辺をすみかにしている
アザラシさんは
いつも遠田さんを
遠くから出迎えてくれるんですって。


この日のアザラシとの距離
20メートル。


厚岸湖に氷が張る時は氷の上で日向ぼっこ。

…優雅ですな。


アザラシは魚がいると
厚岸湖に入ってきます。
ニシンやしらうお漁など
厚岸湖では漁業被害がある、
ということですが、
ちなみに、あさりには見向きもしません。

北海道では
個体数を把握し、
ただ駆除するだけではなく、
これらのアザラシたちと
漁業者が共存できるような
取り組みを行っています。


こうやって自然の中で
野生動物とも共存しながら
恵を頂いているんだな、という
感謝の気持ちがふつふつと湧いてきますね。

美味しいあさりを届けてくださる
漁師さんにも感謝!


以上
【あさり漁師・遠田さんの厚岸通信】でした。

次回もお楽しみに♪



このあさりが大好きで
週に一度必ず足を運んで下さるお客様、
ご来店いただくと必ず
「まずあさりの白ワイン蒸し」と
ご注文いただくお客様、と
皆様に喜んで頂いております。

旨味が凝縮してプリプリのあさりちゃん。




アブラッチオの看板メニュー
ぜひ味わってみて下さい。



今日と明日のディナータイムは
ご予約により混み合っております。
満席ではありませんので
事前のお電話にてお席の確認を
どうぞよろしくお願い致します。

ちなみに日曜日はガラガラです(笑)



18日(月)は定休日のお休みを頂きますが、
その後、
29日までノンストップ営業となります。
火曜日~木曜日は比較的空いてます。

クリスマスディナーコース・
年越しオードブル共に
ご予約絶賛承り中。


全てのお問い合わせはこちらまで。


小さなイタリア料理店
アブラッチオ
℡ 011-596-7210


それでは今日も
皆様のお越しを
心よりお待ちしております。

あさり入荷しました

オータムフェスト開幕!

大通の端から(大通1丁目)から
端まで(大通11丁目)まで
ずらっと飲食ブースが並ぶ、という
ビアガーデンに次いで大きな
秋のイベント。

今年で10年、ですって。

年々、出店数も増えているような気がするのは
気のせいでしょうか?

今年で7年になる当店も
オータム側に関わること一切なく
毎年色々と
あおりを喰らっておりますが^^;
今年はどうなることやら。


週末は充分お席ご用意できます。
というよりも、
しばらくずーーーっと
お席ご用意できます!!

どうぞお気軽に
オータムに立ち寄っても
余力を残しつつ、
お立ち寄り頂けると幸いです。

アブラッチオは
オータムフェスト開催期間中も
大通7丁目と8丁目の間の
大通公園と電車通りの真ん中で
のんびりと営業しております。

さて、愚痴ったところで
諸事情につき手短に(笑)


厚岸町のあさり、
8月産卵期の禁漁が明けて
昨日無事に入荷いたしました!!

お世話になっているあさり漁師さん曰く
「まだ身の入りがイマイチだけど」
との事でしたが、なんのなんの。

あさりを待ちわびた身としては
久しぶりに口にした厚岸の新鮮なあさりは
それはそれは美味でございました。



プリプリ♪になるのは
もう少し先になるかと思いますが、
あさりを使った
「ボンゴレビアンコ」や「ボンゴレロッソ」

あさりのダシがばしっと旨い
「魚介のリゾット」



そしてあさりの旨みがアクセントになる
「本日のお魚料理」などで
あさりをお楽しみ下さいませ。


それでは今日も
皆様のお越しを
心よりお待ちしております。


プロフィール

abbraccio

Author:abbraccio
札幌市中央区南1条西7丁目
スカイビル1F
イタリア料理店
「abbraccio(アブラッチオ)」

電話/FAX:011-596-7210

営業時間
11:30~15:00(Lunch time)
18:00~23:00(Dinner time)
(22:00 L.O)

月曜定休

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お店の場所
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
検索フォーム
Facebookページ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitterやってます