FC2ブログ

11月ですね

【20191101 お魚料理も】

季節が一歩先に進んだような札幌。
ピリッとしますね。

そんな中、
なんだか札幌市民が意図しないところで
勝手に話が進んでいた
札幌での「東京五輪の競歩・マラソン開催」

熱くなっていた協議でしたが、
どうやら決定になりそうな風向きです。


夏のオリンピック開催期間の東京は
暑いとわかっていただろうに、
そもそも「東京」に決定しておいて、
変更するなんて、何をいまさら。

来年の8月、札幌の中心部は
どんなことになってしまうのか。
会場候補となっている大通公園の近くに
自店を構えているこちらとしても
期待より不安が大きいです。
何しろ初めてのことですから。

そしてこの開催が決まると
2030年に札幌が招致を目指していた
冬季オリンピックの実現が
一気に難しくしまうような…

また、ビアガーデンに関しての
個人的な見解ですが、
今は大通公園だけではなく
別の場所でも多く開催されていますし
その前のワインガーデンや
その後のオータムフェストなど
大通の食とお酒のイベントは目白押しなので
開催期間中のビアガ中止は特筆すべき
問題ではないと考えています。

全国的に「ビアガーデンがなくなれば
市民感情が悪化する」などど
大々的に報じられているのも、
札幌市民がおバカに見られていそうで
不本意です。


という諸々の理不尽な気持ちをぐっと抑えて

「良かったですね!」(にっこり)

大河ドラマ「いだてん」
オリンピックと日本の歩みを
楽しませて頂いています。

あの歴史ある「オリンピックのマラソン」が
札幌で、しかも目と鼻の先で開催されるなんて
人生でそう経験出来ることではありません。

金栗氏も「ひゃー」ですね。


本音と建前を使い分けながら
今日もアブラッチオは
大通公園の南側
大通7丁目と8丁目の間の
大通公園と電車通りの真ん中で
のんびり営業しています。


まぁ、たとえ
ビアガーデンがあろうとなかろうと
いつでものんびりなアブラッチオです。

この連休ものんびり予報。
どうぞお気軽にお立ちより下さい。



アブラッチオで入荷のある時だけ登場する
お魚料理。

今の時期は「鰆」が多いです。



タイミングが合えばぜひ。

品切れ・入荷のない場合は申し訳ございません。
ご了承下さい。

真ダチも次第に美味しさがノッてきました♪
ウマウマです。


それでは週末も
皆様のお越しを
心よりお待ちしております。

相変わらずブラムリーのピッツァは
大好評!




昨夜は初めてお召し上がり頂いた
テーブルの方から
サムズアップをいただきました。

ぐふふ。
嬉しいです!


なお、4日月曜日は祝日ですが
変わらず定休日としてお休み致します。
宜しくお願い致します。


【小さなイタリア料理店abbraccio】

札幌市中央区南1条西7丁目
札幌スカイビル1階
※電車通りよりも大通公園側のブロックです。

℡ 011-596-7290

営業時間:18時~ 
最終入店:21時
ラストオーダー:21時30分

月曜定休

誠に勝手ではございますが
未就学児同伴でのご来店は
ご遠慮させて頂いております。
何卒ご理解の上、
ご協力よろしくお願い申し上げます。

なお、ランチタイム営業は
11時半~14時半(14時LO)
パスタランチをご用意しております。

また、おひとり様4500円~
飲み放題付きのパーティープランもございます。
詳しくは直接お問い合わせ頂くか、
当店HPをご覧ください。
貸切営業も可能ですので
忘新年会のご予約、お待ちしております。


スポンサーサイト



ディナータイムの営業時間について

【20191031 アブラッチオの営業時間について】

ハッピーハロウィン!

という楽しい気分にはなれない
今朝の悲しい火災のニュース。

犠牲者がいなかったことが幸いですが、
青い空に生える鮮やかな朱色の屋根。
まぶしく見上げたあの景色は
色褪せることはないでしょう。

先ほど、琉球音楽に携わっていて
週末から首里城のお祭りで演奏予定だった、
という方が道内のラジオに出演していて
「首里城は今まで5回も消失しているから
また再建するだけ。前向きに思わなければ」と
おっしゃっていました。

ニュースで映像を見るたびに
悲しい気持ちになりますが、
突然の出来事で激しい動揺と
深い悲しみの中にいる
地元の方の心が癒える事を祈っております。


今日もアブラッチオは
大通公園の南側
大通7丁目と8丁目の間の
大通公園と電車通りの真ん中で
のんびり営業しています。


さて。

明日から11月になり、
当店が9周年を迎える日も
近づいてきました。

これもひとえに
日々支えて下さるお客様あっての事です。
本当に本当にありがとうございます。

そして、
これからも細く長く続けていくため、
少しずつ営業時間を見直しており、

現在は、
最終入店 21時
ラストオーダー 21時半

とさせて頂いております。


21時を越えてご来店予定の方は
事前にお電話にてご相談下さい。

なお、その日の状況によっては
早じまいする可能性もありますので、
ご了承下さい。

ご迷惑をお掛け致しますが
何卒ご理解・ご協力を
宜しくお願い致します。

秋の味
「エゾ鹿肉のロースト」



オススメです。

タイミングが良ければ
サンマのカルパッチョもございます。



こちらも是非。


週末はお席ご用意できますので
どうぞお気軽にお立ちより下さい。

それでは週末も
皆様のお越しを
心よりお待ちしております。


ブラムリー人気

【20191024 ブラムリーブーム?】

日の暮れるのが早くなりました。
秋の夜長ですね。

今日もアブラッチオは
大通公園の南側
大通7丁目と8丁目の間の
大通公園と電車通りの真ん中で
のんびり営業しています。

最近
ブラムリーが人気なんですって。

お世話になっている
余市町の中井観光農園さんによると
去年よりもブラムリーが売れている、
との事。

もしかすると今年は
ご提供できる期間が
例年よりも短くなる可能性があります。

何度も食べたい!という方は
お早めにどうぞ。

そして当店では去年よりもハイペースで
「ブラムリーのピッツァ」を
沢山の方に味わって頂いております。



初めての方も多く
「美味しかった!」との声
とても嬉しく思います。
ありがとうございます。

ブラムリーの甘酸っぱさを活かした
自家製タルトもご用意できました。



週末も充分お席ご用意できますので
どうぞお気軽にお立ちより下さい。

それでは今日も
皆様のお越しを
心よりお待ちしております。

たまにはお魚料理も

【20191017 お魚料理】

色づく秋。
大通公園も紅葉が進んできました。

アブラッチオは
そんな大通公園の南側
大通7丁目と8丁目の間の
大通公園と電車通りの真ん中で
のんびり営業しています。

週末お席ご用意できますので
どうぞご自由にお立ちより下さい。

寒くなると
美味しくなるのが魚介類!

真ダチのムニエル、
ご用意しています。



また、時折登場する
「アブラッチオのお魚料理」

実は、シェフの魚料理が食べたい、と
ご予約のお客様に
ご指名頂くこともしばしば。
魚介類の扱いには定評があります。

今は「鰆」を使ったお料理を
ご用意しています。





ふっかふかの鰆。

是非お楽しみ下さい。

それでは今日も
皆様のお越しを
心よりお待ちしております。








季節限定ピッツァ

【20191010 甘酸っぱい♡】

秋晴れ!の木曜日。

雪虫も飛んでいて
道内各地の初冠雪の便りもチラホラ。

今年のストーブ初点火は
いつになるのでしょうか。

今日もアブラッチオは
大通公園の南側
大通7丁目と8丁目の間の
大通公園と電車通りの真ん中で
のんびり営業しています。

ブラムリーのピッツァ、
皆さんに味わってもらっています。
先日はすべてのテーブルの方から
オーダーを頂き、喜んで頂きました。

また、シーズンイン以来、
もうすでに3~4回
味わって下さっているお客様も。

ブラムリーとは?

シードルの原料として知られる
イギリス原産の加工用のりんご。

食用の少し酸味の強いりんご、とは違い、
そのまま食べると口の横が
キューッと痛くなるほどの酸味。
シェフは酸っぱすぎて汗かいてました。


ブラムリーは加熱するとすぐに
柔らかくなるのが特徴。

その特性を活かして提供しているのが
「ブラムリーのピッツァ」



一度焼いて柔らかくしたブラムリーを
手で伸ばした自家製の生地の上に並べ
アクセントにゴルゴンゾーラチーズと
はちみつをたらり。

焼き上げるとリンゴの甘酸っぱい香りと
パリパリになった生地の香ばしい香りが
同時にふんわりと鼻腔をくすぐります。

酸味とチーズの塩気とはちみつの甘みが
焼けた小麦の生地の上で絶妙にマッチ。

一度食べるとトリコになるお客様が
続出です。


このピッツァが大好きなお客様から
「お店に来る全てのお客様に
食べてもらえればいいのにね」と
言われております。

説明下手なせいか、
「オススメです!」とお伝えしても
空振りになることも多々。
…難しいですね。

せめてblogを読んでくださる方には
興味を持って頂けると嬉しいです。


※なお、注文を受けてからりんごを剥き
一度焼いて火を通す…など
手間をかけてピッツァを焼き上げています。
混雑している時はお出しするまでに
時間がかかる場合がございます。
シェフ一人で料理を切り盛りしているため、
寛大にご理解頂けると幸いです※


それでは今日も
皆様のお越しを
心よりお待ちしております。

週末もお席ご用意できますので
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。


小さなイタリア料理店
abbraccio
011-596-7210

プロフィール

abbraccio

Author:abbraccio
札幌市中央区南1条西7丁目
スカイビル1F
イタリア料理店
「abbraccio(アブラッチオ)」

電話/FAX:011-596-7210

営業時間
11:30~15:00(Lunch time)
18:00~23:00(Dinner time)
(22:00 L.O)

月曜定休

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お店の場所
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
検索フォーム
Facebookページ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
twitterやってます